2010年10月25日 (月)

アジ釣り

そろそろ何か釣らなくちゃ、と思い
カミさんと由良港に豆アジ釣りに行ってきました

さすがに日曜日、岸壁には釣り人がいっぱい
子供連れも多い

釣れたのを見せてもらうと、こりゃアジではなくて小さなイワシ
こんな小さいのでは食えないぞ

撒き餌を撒いてみると、寄ってくるのはチビイワシの群れ
サビキを落とすとすぐに食いついてきて仕掛けは鯉のぼり状態

チビイワシじゃぁ釣れても嬉しくない
アタリも全くないので面白くもない

アジは底の方かな、と思い錘を追加して
チビイワシが食う前に底にサビキを落とす作戦に

これが功を奏して、アジが釣れることは釣れるが数は出ない

R0024039

2時間ほど釣って12匹の貧果
でも唐揚げにして食べたら旨かったぞ

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

安楽な渓で久しぶりの釣り

先月は1回しか釣りに行っていない、しかもオフ会での接待だし....

今日は行くぞ!、といつもの郁楓さんと待ち合わせて向かったのは
すぐ脇を道路が通っている安楽な渓

冷たい水に足をつっこむと、あ~~気持ち良い
天国じゃ~~~

今日の渓は水量少ない
これでは瀬にイワナは居ない
深みを狙って毛鉤を落す

良型のイワナが釣れた
Dsc00021 郁楓さん撮影

その後もぼちぼち釣れるが
郁楓さんはバラしばかりで調子が出ない

R0023247

お昼はいつものおにぎりではなく
海苔巻きにした
サイディング職人で釣り師のアオキさんが
「海苔巻きだと潰れにくくてイイっスよ~」というのでやってみたのだ
R0023253
ふむ、リュックに入れておいても潰れていない
それに食べやすいし、今度からこれだな~

午後の釣り
急にパラパラと雨が降ってきた
でも5分ほどでやむ

その後、イワナの反応がいきなり良くなってきて
郁楓さんに良型のイワナが掛かった
R0023256

二人ともほぼ入れ食い状態
忙しくてタバコに火をつける暇もない

約3時間で二人ともツ抜け、なかなか良い釣りができた

ところで電子タバコ
渓で咥えタバコしながら竿を出すにはちょっと重たい
やはり渓では本物のタバコの方が気持ち良いな

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

焚火オフ2010 二日目

早く寝たので当然朝は早く目が覚めた

郁楓さんは鵜住居さん、白瀧さんを案内して山奥の渓へ

あられさんはNOBEさんKUMIKOさんとフライマン御用達の渓へ

渓酔さん、Nakanoさん、得さんは釣りをしないで帰宅

私は一旦帰宅して、昼にまたキャンプ場に戻った

お昼は定番のそうめん

R0023119

外で食べるそうめんは本当にウマいんだな~
そうめんのツユにマヨネーズを入れるとコクが出てウマいのだが
誰も真似しようとしない
本当にウマいんだぞ~~!

そうめんを食べ終わってこれで解散
皆さんご苦労様でした
芋煮を作ってくれたかいパパさん、ありがとうございました

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

焚火オフ2010 一日目

毎年恒例の「焚火オフ」が今年も開催されました
場所は去年と同じ大井沢のキャンプ場

初日、私は渓酔さん、TUYの高橋さんを案内して山奥の渓へ
ところが前日の雨で渓はしっかり増水、水が茶色い

R0023109

これじゃぁ遡行は無理。車のすぐそばの堰堤で竿を出すことにした

水量が多くてもイワナは居るので
何とか1匹小さいのを釣り上げた

だが他の二人には釣れない
それではと下流の堰堤下に行くことにした
ここでは過去に大釣したことがある

以前は道がついていたのだが、もう跡形もなくなっている
ヒ~コラ言いながら藪をこぐ
渓酔さんが先行してくれたので何とか降りられた
さすがラグビーで鍛えた人間は違う

下流の堰堤下も水量がかなり多い
試しに木の枝下を流してみたら良型のイワナが釣れた
しかし大粒の冷たい雨がド~っと降って来る
こりゃダメだと退散
帰りも急斜面のヤブを登ってすっかり筋肉痛

元の堰堤下に戻って再挑戦、渓酔さんにイワナが釣れた

R0023107

高橋さんは別の川の堰堤下で何とかイワナを釣り上げた

R0023111

しかし高橋さん、半袖Tシャツに半ズボン姿
コラ~山奥の渓を甘く見てるんか~?

キャンプ場に戻ると他の人達も集まって来る

もう釣りは終わりだからさっそくビール
高橋さんは明日選挙なので仕事で帰らなくてはならないそう
気の毒に

酔っ払っているとかいパパさんが芋煮の準備をしてやってきた
聞くと今日は泊まらないで帰るとの事
わざわざ芋煮を作るためにやってきてくれて、ありがたいことだ

早くから呑んでいるので当然早く寝てしまいました

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

藪とクモの巣

朝から天気が良い、明日からは雨になりそうなので
今日のうちに釣りに行った

我が家から30分ほど山の方へ行った渓

R0022912
けっこう藪だったりするが、それでもちゃんと竿を振れるところがある

水量は適度、でも少し濁りが入っている

どうも反応が良くない
やっと1匹釣れたのは15分もたってから

R0022910

なんとか釣れることは釣れるのだが
写真に撮ろうとすると毛鉤から外れてしまう

鉤が悪いのかと思い交換したが
その後は全然出なかった

帰りの山菜道
R0022913

まだしっかり雪が残っていた
上流の雪で濁りが入っているのだろう
どうも今年は季節が遅いようだ

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

新しいウェーディングシューズで釣り

新しいウェーディングシューズを使ってみようと
近くの渓に行く

水が少ねぇ~!
平水の6~7割しかない
雪はもう融けたし、しばらく雨が降っていないからな

R0022847

気を取り直して装備をする
このウェーディングシューズ、ジッパーとベルトで固定するので
履くのは非常に楽

この水量では瀬や流れの弱いところにイワナは居ない
瀬の中の深みや流れが当たってえぐれているような場所に居るはず

R0022846
ここで良型のイワナが出た

R0022849
ここでも出た

R0022848
これは小さい方

40分ほど釣って出が4回、釣れたのが3匹、写真を撮れたのは1匹....(~_~;)
まあこんなものだろう

ウェーディングシューズの使用感だが
ベルトで足の甲を固定してくれるので安定が良い
足首のカバーの上からスパッツを履いているので
2重に足首が固定されて不安定な場所でも歩きやすい

R0022850

やはりソールはフェルトの方が良い
以前の靴のソールはフェルトにスパイクが付いたものだったが
これは滑らかな岩の上では非常に滑る
ディスクサンダーでスパイクを削ると少しは良くなったが
しばらく使っているとフェルトが減ってくるがスパイクは減らないので
滑るようになってくる
丸い石がゴロゴロしているような河原を歩くのはとても怖い

このウェーディングシューズ、難を言えば
サイズが1cm刻みなのでMサイズでは私にはちょっと大きめ
あと5mm小さいとベストなのだが
まあベルトで固定されるので使ってみては問題なし
ウェーダーと比べればはるかに楽

あとはソールがどれくらいもつか、だな

とりあえず使ってみて良かったです

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

新しいウェーディングシューズ

去年まで使っていたウェーディングシューズは秀山荘のもの
1回ソールを張り替えて、もう5年以上履いている
さすがに壊れてきて隙間だらけ、砂がすぐに入ってくる

そこで新しいウェーディングシューズをネットで探した
SILVERFOX SW-271という靴が良さそう

R0022828

最安値で7800円(送料共)のを見つけたので早速購入

今日届いた

サイズはMにしたのだが、靴のサイズ25.5の私には丁度合う
ジッパー付きなので着脱は楽
ベルトで締めつけの調整もできる
履いてみたらなかなか良い感触

どれ明日ちょっと近くの川で履いてみるかな~

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

ちょいと釣り

天気が良いし仕事も一段落したので釣りに行ってみる

まずは葉山水系の渓
行ってみると水量が多い、2~3割多い
ちょっと毛鉤では無理

他の渓も同じようなものだろうか
一応、別の渓の下流を覗いてみる
おや、水量は多くない、これなら大丈夫か

上流へ車を走らせる
砂利道の林道の行き止まり、いつもは山菜採りの車が止まっているが
今日は誰も居ない
早朝から入山して、もう採り終わったのかな

R0022780

水量はまずまず、これなら釣れるだろう

装備をして下流に向かう
快晴の空、木々の緑が気持ち良い

下流の開けた場所で竿を出す
状況は良いはずなのだが、なかなかイワナの反応が無い
しつこく毛鉤を流して、やっと釣れたのは20cmに満たないイワナ
いつもはもっと大きいのが出るはずなのだがな.....

R0022779

その後も良いポイントが続くのだが反応が無い
早朝に釣り人が入ったのかも知れない

30分ほど竿を出して、釣れたのは1匹だけ
ま~いいか、久しぶりで気持ち良かったしぃ~

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

久しぶりに釣り

久しぶりの釣行、同行者はいつもの郁楓さん
先週も郁楓さんのプリウス(新車)で県北の川に行ったのだが
増水と雨で釣りにならず、すごすごと帰ってきた

今日も向かったのは県北の川

着いてみるとまだ水量が少し多い
遡行が大変なのはイヤなので、さらに奥の支流に向かう

R0022684

道路にはまだ雪が残っている
最後には積雪で車は通行不能

R0022686

水量はそれほど多くは無いが
ところどころにスノーブリッジが出来ている

R0022687

毛鉤を流すが全く魚の反応が無い
こんなに雪が残っているのでは、魚は水底にジッとしているのだろう

Dsc08432

スノーブリッジの下で釣欲は完全に喪失
別の渓に行くことにした

次の渓も水量はちょっと多め、遡行は大変みたい
上流にはチビヤマメがいくらでも釣れる深みがある
しかも車止からすぐ
そこでとにかく釣果をあげよう

行ってみたら深みが無い
渓相が変わって平瀬になってしまっている
しょうがないな
でも、瀬の深みには魚が居るだろう

R0022692

岸に立って、瀬の一番深いところに毛鉤を流してみる
と、すぐに勢い良くイワナが飛びついてきた

R0022691

25cmほどの良型イワナ
幅広で引きも良い
こいつは嬉しい

R0022693

下流の方で小さな支流の深みを探っていた郁楓さんが
小さいがニジマスを釣り上げた
これで二人ともボウズなし

魚が釣れてくると、増水の遡行も全然つらい気がしない
さらに上流で良型イワナ、チビヤマメ、チビイワナを釣って
あとは藪になるし雨も降ってきたのでこれで終了

どうなるかと思っていたが、まずまずの釣果
これから渓の状況は段々と良くなってくるだろう
来週からが楽しみだ

家に帰った時点で車の燃費表示は21.7km/リットル
プリウスには及ばないが1500ccのガソリン車としては良い方だ
燃費が上がるのはけっこう嬉しい

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

宮城県の渓

郁楓さんに誘われて宮城県の渓に行ってきた
郁楓さんは今期初釣行

1時間半かかって到着
流れを見ると海苔のような色をした藻が一面に生えている
水温が低い時期に生えるらしいが
この藻が生えている時に良い釣りができたためしがない
最初から意気消沈

Dsc08293

R0022221

郁楓さんは初日なのでやる気は満々だが
毛鉤には魚の反応は全くない

私の毛鉤にも同様
最初「鴨毛鉤」を使っていたのだが、ほとんど見えないので面白くない
いつものエルクヘアカディスに交換すると、とても良く見えて気持ちが良い
でも魚は出ない

1時間釣っても全く反応なし、魚影すら見えない
釣欲が音をたてて崩れていく
郁楓さんにはその音が聞こえたそうだ....

結局、魚の反応がないまま昼過ぎには脱渓場所に到着
途中で食べようと思っていた昼食は車に戻ってから食べた

このコンディションではしょうがないな
もう少し暖かくなるのを待つとするか

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧