2011年9月13日 (火)

2ヶ月ぶりの釣り

ちょうど2ヶ月釣りに行っていない
仕事も忙しいし、現場もあるし、建設組合の用事もあるし
滋賀までバスケも見に行ったし

行けなければ行けないなりに、別に釣りしなくても良くなったりするので
無理に行こうとは思わなかった
釣りだけが趣味じゃないし、仕事も趣味だと思ってるし

東京からNAKANOさんが来て、一緒に釣り行かないかと誘われた
誘われれば行くのが当然

天気も良く、楽しい釣りができそうだ
NAKANOさんが行ったことのない朝日川に行ってみた
ダム下は水がとても少ない
これでは反応は良くない

ダム上では何とか釣り可能な水量
でも先行者らしき車が止まっていた

まあ仕方ない、とりあえず竿を出してみよう

だが魚の反応が全くない
岸には釣り人の足跡が多数、新しいのもある
これでは無理
川は開けていて障害物が全くない
天気が良くて暑くてたまらん

山を越えた別の川に移動
こちらは樹木に囲まれていて日影も多く涼しい
やはりこういう川で釣るべきだ

2ヶ月ぶりの釣りということでNAKANOさんに先行させてもらい
最初に1匹を釣り上げた
久しぶりでもちゃんと釣れるものだ
その後も大物イワナを追加

しかし、だんだんと反応が無くなってきた
と、上流を見ると餌釣師が竿を出している
ここでも先行者か......

またまた別の川に移動
こちらも開けた川で、西から流れているので
だんだんと日が下がってくると眩しくてたまらん
でもちゃんとイワナが釣れた
石の間の小さい深みで大物も釣れた

Dsc_0079
29cmのイワナ、もうちょいで尺

NAKANOさんにも釣果
Dsc_0077

しかしここで恐ろしい事が
イワナだと思って引きぬいた魚に斑点がない
ゲ!! ウグイだ!!
こんな山奥の渓にウグイがいるのか!!

たまたまだと思っていたら何とNAKANOさんにもウグイが釣れた
恐ろしい

その後も釣れるたびに「またウグイじゃないだろうな」とビクビクして
竿を出さなくてはならなかった
何でこんな所にいるんだろう、しかもイワナと同じような出方だし

う~む、わからん

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

竹田さんと山岳渓流へ

竹田さんが休みなので、まだ行ったことのない山岳渓流へ案内する

今日は午前中用事があったので昼前に待ち合わせ
竹田さんの車で山へ向う

山の天気は曇り空、雨が降るかも知れない
時間が無いので登山道の途中から入るコースで行く

この入り道は以前に一度来たことがあるが
あまりよく覚えていないので郁楓さんに画像と説明をもらっておいた
おかげさまで迷うことなく入渓

相変わらずの良い景色
まずは竹田さんに1匹釣ってもらわなくては

R0026639
ちょっと小ぶりだがさっそくのイワナ

竹田さんは、こういう樹木が生い茂った渓に入るのは初めて
毛鉤を枝に引っ掛けまくって苦戦している

竹田さんが毛鉤を交換している間に竿を出すのだが
今日はあまり反応が良くない
毛鉤を見て帰って行くイワナもいるし

R0026641
竹田さん、ツ抜けをしてもらいたかったが
残念ながら5~6匹の釣果

それにしても竹田さん、山岳会に入っているだけあって
遡行は早いし身軽
私の倍くらいの速度で渓を上がって行く
いや~かなわんな

まあ天気ももったし、イワナもまずまず釣れたし
良い景色も楽しんでもらったし
まずまずの釣行でした

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

県北の渓

自衛隊員の竹田さん、仙台の災害派遣から帰ってきて
今日が休み
お疲れ様ということで県北の渓に案内する

こちらの方へはまだ来たことがないそうで
とっておきの渓を案内したのだが
この大雨で水量が少し多い

R0026588
竹田さん、今日は餌釣り師

餌釣り師との同行は10年以上前、雑魚さんと行ったときだけ
どういう具合になるかと思っていたが
テンカラと狙うところはそう変わりはない

それにしても竹田さんは釣り上がるのが早い
ほとんど粘らずに2~3回餌を流すと次のポイントに向う
テンカラ師よりも早いくらいだ

竹田さん、最初の頃はぼちぼちとヤマメが釣れたが
イワナ領域になると反応がなくなったと言う

私の方は水量の多さに困ってしまって
どうも出が悪い。出てもちゃんと食わないし

しかし餌釣りは面倒だな
しょっちゅう餌を付けなくてはならないので
テンカラの半分くらいしか竿を出せない
テンカラだと同行者が釣れたポイントを参考に出来るが
餌では水中で食っているので、どこで釣れたかよく判らない

R0026601
今日釣れた一番の大物、27cmほどあった
R0026602
ここで釣れた

せっかくの休みに良い渓に案内したつもりだったが
そんなに沢山釣れたわけではなかった
まあ景色の良い渓には喜んでもらえたけれどね

次は山奥のもっと釣れる渓に案内しよう

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

NAKANOさんを迎えて、お供は今ちゃん

東京からNAKANOさんがやってきたので接待することになった
今ちゃんが是非ともと同行

最初に行ったのは昨日爆釣した山奥の渓
橋の上から見ると餌釣師が竿を出している
こりゃダメだと庄内まで移動

お目当ては道路脇の安楽な渓
だがどうも水量が多すぎ、まだ雪代が残っているようだ
上流の堰堤上まで林道を走ってみる、車がやっとの未舗装道路
今日は私の車で来たのは失敗、今ちゃんの擦り傷号で来ればよかった
堰堤上も増水で断念

別の川に移動する途中「今野川」という川があった
こりゃ今ちゃんと同じ名前じゃないか
素通りするわけにもいかず上流へ
橋があったのでそこから今ちゃんがサンダル履きで竿を出す
R0026405
魚影が走ったがこれはウグイ
今ちゃんの竿には反応なし.....やっぱりな

さてもう一つのお目当て
ここも林道が脇を走っていて、比較的安楽な渓
渓相も開けていてテンカラ向き

R0026407
装備をする今ちゃん
転ぶといけないので膝あて、肘あてをしっかり着けている
なんか異様な光景

と、ここでカミナリの音と共に大粒の雨が降り始めた
15分ほどしか続かなかったがかなりの雨

増水するほどでは無いだろうと竿を出してみた
すぐにイワナの反応が2回、だが残念ながら掛からず

その後、どんどんと濁りが入ってきた
反応は全くなし
さすがにこれでは魚は出ない
R0026408

またまた撤退

どうしようもないので、最初に入った渓にまた行ってみた
こちらも雨が降ったようだが水量は増えていないし濁りもない
私は藻のヌルヌルがイヤなので
ここはNAKANOさんに今ちゃんを任せる

今ちゃん達が橋まで来るあいだに
上の堰堤下でイワナをとりあえず1匹

今ちゃん達が橋までやってきた
R0026414

NAKANOさんの合図、今ちゃんはイワナを1匹釣ったそうだ
こりゃ良かった

R0026417
橋の上流、ここでは見ている間に2回出があった
だが今ちゃん釣れず

結局ここでは今ちゃん1匹の釣果
出は10回はあったそうだ (そうだろうな、ここは魚影が濃いのだ)
NAKANOさんは今ちゃんの指導でほとんど竿を出さず
気の毒なことだが、今ちゃんはずいぶん勉強になったと言っている
じゃ今度はNAKANOさんを師匠にしたら良いのではないだろうか?

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

偵察

NAKANOさんがやってくる
明日、同行するのだが、どこの渓に案内したら良いだろう

ちょうど仕事が一段落したので、ちょいと山奥の渓を偵察しに行った

R0026399
橋の上から見てみると、水量はちょっと多い程度で
充分釣りになる
こりゃ良いぞとさっそく入ってみた

橋のちょっと下流から上流の堰堤まで100mほど
これがいつも入る安楽区間

入って2投目で小ぶりのイワナが釣れた
その3分後にまたイワナ
こりゃ調子が良い

R0026392

R0026388
イワナは流れの中心にはおらず
流れの緩い深みとか、瀬の脇の弛みから出てくる
まだ活性が高くはないのだろうが
それでも反応が良いのは嬉しい

まだ水温が低いのだろう、底石にヌルヌルした藻が着いている
滑らないよう注意しなくてはならないので遡行がとても大変

なんとかあと2匹釣ったが、どうもそれ以上遡行する気になれない
橋までも行かず、15mほどしか釣っていない
時間にして20分、それで4匹は爆釣といえるだろう

道路に戻り、上流の堰堤下のプールで竿を出す
毛鉤を落とすとすぐに良型のイワナが毛鉤を食った

と、なんとラインが外れてしまった
リリアンへの取付が不十分だったのか?
見ると赤い物が水中を流れて行く

ゲゲ~!リリアンが取れてしまったのか
こりゃ不良品じゃないか
だったらこれは釣れたことにして良いな

それにしても糸付きイワナを残して来てしまったのは心苦しい
近いうちに釣って、ラインを外してやらねばならんな

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

水量がまだ多いな

今日は今ちゃんと釣り
さてどこへ行こうか
どうせなら行ったことのない渓に行こう

という事で今ちゃんの愛車「擦り傷号」 (藪を走ってキズだらけなのだ) に乗って
向かったのは山の向こう側の渓

ここは道路が脇を通っているので、入渓脱渓はとても楽

さっそく入ってみるが、水量がまだ多い
遡行もたいへん
魚の反応が全然無いと思ったら上流に餌釣りの先行者
30分ほどであきらめ

大井沢のキャッチアンドリリース区間に転戦
支流に入る
ここも水量が多いが何とかなる範囲

今ちゃんの釣り姿は少しづつ良くはなっている
(まだ少々威圧感はあるが.....)
R0026353

なかなか反応のない中、なんとかイワナを1匹釣ったが
後が続かない
水量が多いので遡行がつらい
渡るのを躊躇する場所もたくさんある
こういうのは疲れる
R0026355

終点の堰堤もこの水量、こんなの見たことない
R0026356

結局、今ちゃんは今回も釣れなかった

今ちゃんが「ちょっと朝日川を見てみませんか」というので行ってみた
水量はちょうど良い、これなら釣れる

今ちゃん、何を思ったかルアーとロッドを出してきた
先日、ルアーマンと川で出会ったとき
「あ~ルアーって釣れるんだ」と思ったそうで
さっそく買ってきたのだ
R0026358
護岸の上からルアーを投げる今ちゃん
(そんなところから釣るか~!)

この直後、ラインが絡まってグシャグシャになった
「私にはルアーは合わないようです」

エ~?合わないのはルアーだけか~?! (-.-)

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

まだまだ修行

今日の水曜釣行会
郁楓氏は今ちゃんの指導を私に押し付けて
ベテランの釣師と釣りに行くそうだ
そ~いうのは許されて良いのか~~ (~_~;)

しかしやる気まんまんの今ちゃんを良い釣り場に案内しなくちゃ

上山の川の支流
今の時期、楽に入れてイワナが釣れる貴重な川
行くのは数年ぶりだが今ちゃんにもイワナが釣れるだろう

だが.....行ってみると
両岸の樹木がすっかり生い茂って
まるっきりの藪川になっていた

R0026269

ポイントごとにイワナが走るのだが
藪が邪魔になってラインを振ることが出来ない
竿を出せる場所はほんのわずか
1時間ほどで出口の堰堤に到着

午後からは本流に移動してみたが水量がちょいと多いし
東寄りの風が強くなってきた
これじゃ向かい風なので釣りにならない

仕方ない、ちょっと遠いが朝日町の川に移動
こちらは西から流れているので追い風だから釣り可能

R0026277

ここは開けていて障害物も無く遡行も楽
テンカラの振りを練習するのにはピッタリ

だが道路添いでどこからでも入渓できるため
釣り人が非常に多い
今日も見えただけで3人の釣り人発見
という事はその10倍の釣り人がいるという事だ(ゴキブリか!?)

魚影は濃い、とにかく良型の魚影が走る
以前はヤマメばかりだったが、今日はイワナの姿も見える
しかし多くの釣り人に攻められている魚はそう簡単には釣れない

R0026270
良型のイワナが釣れた
尾びれが丸い成魚放流物だ

下流の広場ではヤマメも釣れた
これも成魚放流物で25cmもあった
R0026273_2

R0026274
こんな車からすぐのところで釣れちゃうくらい安楽の川

今ちゃんには残念ながら出が一回あっただけ
でも今ちゃん、この川がすっかり気に入ったようで
今度の土日もここで練習してみるそうだ

うん、練習が大切だよ

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

とうとう初釣果!

テンカラ新人で4連続ボウズの今ちゃんからメールが来た

今日、一人で釣りに行ってヤマメとイワナを釣ったそうだ

Dscf0002

Dscf0003

先日購入したばかりのデジカメでしっかり証拠写真

いや~やりましたね
釣り姿から見ると、もう釣れそうな感じだったので
次回は初釣果かと思いましたが
その前に釣れましたね
その努力に拍手です....\(^o^)/

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

今日こそは.....

今日もまたまた新人二人を連れての釣り

今ちゃんは今日で4回目、まだ釣果なし
塚ちゃんは今日2回目、釣れるかな?

行ったのは県北の川
先日、NOBEさん達と行ったときには工事で通行止
今日もやはり通行止の看板はあったが工事車両は皆無
行き止まりの駐車スペースに行くとすでに山菜採りの車が2台

水量はちょいと多めで水は冷たい
とりあえず新人二人に釣れるところを見せてやろうとヤマメを釣った

R0026178

しかしどうも魚の活性が低いようで
新人には反応なし

R0026183

まだ雪が残る渓で竿を出す今ちゃん

水量が多すぎるようなので支流に入る
だがここでも釣れない

仕方ないので午後から別の川に移動
こちらは「誰でも釣れる絶好ポイント」があるので
新人にも釣果が出せるに違いない

しかし行ってみると絶好ポイントは渓相が変わって
ただの瀬になっていた
これじゃ無理

一応イワナは釣れる

R0026184

郁楓さんは完全に接待モード、竿も出さずに新人に指導

やっと今ちゃんに魚の出があった
こりゃ釣れるぞ!!、と思ったら手元で痛恨のバラし

R0026186
悔しがる今ちゃんと脱力の他二人

最終に近づいたその時、瀬を流していた塚ちゃんの毛鉤に出があった
こちらはちゃんとフッキング

R0026188
落としてはいられないので慎重にタモに入れて記念撮影

これでまあ半分は目的達成

車に戻り、何も持って帰るものがない今ちゃんは藪の中で山菜採りを始めた
その姿は実に似合っている
あっという間に袋一杯採ってきた今ちゃん
山菜採りの方が向いているような気が.....

来週は今ちゃんと二人で行く予定だ
釣れるだろうか?........

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

残念ながら...

先週に引き続き、郁楓氏、テンカラ初心者の今ちゃんとの釣行

どこへ行こうかなと考え、近場の川へ
ここは以前、都筑師匠と竿を出したことがあった.....と思ったが
帰ってからよく調べると釣ったのは本流の方
今回入ったのは支流
どうりで見覚えないと思った....(^.^;

脇を林道が走っていて安楽なはずだが
道との高低差が大きいので、出入りの場所が限られている
途中に堰堤も2箇所あるので、そこを巻くのに斜面を昇り降りしなくてはならない
こういうのはあまり安楽とは言えない

R0025876

渓相はとても良い
魚影もけっこう濃くて、走る魚がたくさん見える
でもまだ活性が低いようで、毛鉤に出ても食わない魚が多い
この日はウェーディングシューズを履いて行ったのだが
まだ水の中に立ち込むと冷たいと感じる
これが気持ち良いと感じるくらい水温が上がらないと
活性は高くならないのだろう

R0025877

ここはヤマメがほとんどなのだが、郁楓氏が良型のイワナを釣った
この川でただ1匹のイワナだったかもしれない
でもすでに今ちゃんの腹の中に収まってしまっているはず
......合掌

R0025875

竿を出す今ちゃん
先週よりは毛鉤が遠くに飛ぶようになってきたが
まだ、ラインのターンがうまく出来ず
水面をラインで叩いてしまっている
これではヤマメは逃げてしまう
今回も残念ながら初釣果をあげることが出来なかった

来週までさらに練習してくるそうなので
今度は何とかなるかな?

anraku_tei_baner.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧