« 酒田市美術館のガラス工芸展 | トップページ | 八戸キャニオン »

2012年9月24日 (月)

酒田市美術館「孤高の旅人 堀 文子展」を見てきた

堀文子さんという画家がいる
現在94歳で現役
この人の言葉

「群れない、慣れない、頼らない。
これが私のモットーです。」

これには感心した。私もそうありたいと思う

その堀文子さんの展覧会が酒田市美術館であるというので見に行った

Ad7f1ace054211e28fe322000a1c8660_7

さすが70年も描いていた人、作品の数はかなりのもの
そしてその画風が様々なのだ
あらゆる手法をもちいて、題材も多様
今でも新しい絵を探求しているというからたいした人だ

一つだけどの作品からも共通して感じられるのが
嫌味が全くないということ
どんな題材でも気持よく見ることができる
やはり作者の人柄なのだろうな

良い絵を見ることができました

|

« 酒田市美術館のガラス工芸展 | トップページ | 八戸キャニオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18634/55736391

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田市美術館「孤高の旅人 堀 文子展」を見てきた:

« 酒田市美術館のガラス工芸展 | トップページ | 八戸キャニオン »